なぜ部屋が片付けられないのか?片付けのコツと解決策

片付け収納プロ
片付け収納プロ
片付け収納プロ

なぜ部屋が片付けられないのか?片付けのコツと解決策

はじめに

マスターの松本です。

あなたは「片付けられない・・・」と悩んでいませんか?
どうやったら片付くのかな?と考える事がありますか?

私は、これまでたくさんの片付けの苦手な方に出会ってきました。

私のセミナーや講座で『片付ける方法』を知って自分で片付けに取り組む方。

実際に当社の片付けサービスをご依頼頂きプロと一緒に片付ける方と様々です。

ご依頼の内容も「使いやすい収納にしたい。」
「もっと、いい方法がないか」と、プロの収納をご希望の方もあれば。

片付けが苦手でうまく出来ない、長い間ストレスのまま暮らしてきたので、「どうにか克服したい」と悩まれてご依頼頂く方もいます。

もっと深刻な「ゴミ屋敷から脱出したい」と心から願っている方にもたくさん出会いました。

あなたが「まるで自分と同じだ」、と思ったらきっとヒントになることがあると思います。

これまでのたくさんのお客様が私に感動を与えてくださいました。

短い時間の間に葛藤から決断し、生活を変えていかれた方々。

そして、同じようなお悩みのあなたのために。

片付けの苦手な人の特徴や心理、そして自分ではどうしようもできない、その人が持った片付けられない個性などをお話しします。

そして、どうやったら片付けられるようになるのかを、実践を通して解った事を具体的にアドバイスします。

自分が片付けられない原因を知り、片付ける方法を知れば、後は、最初の一歩を踏み出すだけです。

 

原因と対策 1:片付ける目的・目標が決まっていない

@片付けには目的と目標があったほうがいい
image
片付けに目的は必要でしょうか?
片付けたいから、片付ける

片付けに目的なんて大げさだ。
そう考える人がほとんどでしょう。

でも、目的があいまいだと、
「ある程度片付けたから、もういいか」
「少し、ゆとりの場所が出来たから、まっいいか」
部屋全体を片付けていると、疲れて途中でどうでもよくなってくることがあります。

どんな部屋にしたいのか。
どんな暮らしにしたいのか。
どんな自分になりたいのか。

「部屋が散らかっている事でイライラしたくない」
「帰ってきたら当たり前に片付いている家にしたい」
「人が呼べる家にしたい」
「くつろげる部屋にしたい」
「人生変えるくらいリセットしたい」
私でも「できる」自信を持ちたい

漠然とした目的だけでも、きっと思い浮かぶはずです。

それが出来たら今度はもっと具体的な目標を持って下さい。
具体的な目標が決まると、『やる事、やる場所』が見えてきます。

「食卓テーブルの上はいつも何もないようにしておきたい」
「お気に入りのリビングボードの上は気に入った写真だけを飾る」
「脱衣所はさっとタオルが出せるようにしたい」
「食材の買い置きは何があるかすぐにわかるようにしたい」
「押し入れの中に何があるのか、把握したい」
「せめて、玄関はいつもきれいにしておきたい」

具体的な目標が明確になった方は、次の行動が全く違います。
理想と(雑誌のような素敵な部屋にしたい)
目の前の現実(床の隙間が見えないほどモノが散乱している)
を比べて、何をしないといけないか解って来るからです。

片付けながら、懐かしい写真が出てきてつい長く見入ってしまう。
昔の雑誌が出てきたら、読みふけってしまって時間が無くなってしまう人もいるでしょう。
全て目的があいまいになっているので途中で他の事に移ってしまうのです。

「今日はこの部屋の押し入れを全て片付けるぞ!」
と具体的な目標を持って片付け始めるとすいすい進んでいくのです。

目的・目標を持って片付ける事は地味ですが、実は最も大切なことです。
実際のお客様も
具体的な目的・目標が見えている人はスピードも速く、片付いて行くたびに感動されるので次へ次へと進むことが出来ます。

 

Aやりたい事を紙に書き出してみる
image
目標と言っても難しいな、と、あなたは思っていますか?
難しかったら、気になること、やりたい事、理想の形を紙に書き出して見ましょう。具体的に書く方がいいですね。

誰かに見せるものでもないのでルールは要りません。
大きい事も小さい事もすぐできる事もお金がかかりそうな事も
ごちゃ混ぜでいいのです。

押し入れの要らないモノを捨てる
廊下に出しっぱなしの服を洗う
冷蔵庫の賞味期限切れを処分する
着ない洋服をまとめてリサイクルに持っていく
気に入ったソファーを買う
ベットの位置を移動する・・・
溜まったダイレクトメールを捨てる
埃をかぶったポストを拭く

書いたらできそうなところから優先順位で順番を書きます。
実行できたら線を引いて消していきます。

目標が少しずつ明確になってきましたね。

 

B本を読むなら1冊を目標に真面目に取り組む

image
片付けの苦手なお客様の家に行くと片付けの本が沢山あります。

あなたは何冊くらい持っていますか?
冊数と散らかり具合は比例しています。
これは洗剤の多い家も同じ現象があるので不思議です。

沢山の片付け本が出ています。

近藤真理恵さんの「人生がときめく片づけの魔法」
やましたひでこさんの「断舎離」
マンガ本なら池田暁子さん「こんどこそ!片付ける技術」

当社のスタッフの中でも、もともと片付けは苦手だったけど、マンガ本から始めたら片付けができるようになり、好きになったので仕事にした人がいます。

マンガは主人公のキャラクターが自分に似ていたらマネしてやりやすいようです。

自分にとって始めやすい方法、読んでいて納得できるやり方、単純に感動した本の通りにやってみましょう。

ただ、これだけは気をつけて!


沢山読み過ぎると、あれこれ迷って、結局読んだだけでやった気になってしまうので1冊だけを参考にまず始めてみてください。

途中で違うなと思ったら、いったん止めて次の本の通りにしてみましょう。

 

原因と対策 2:モノが捨てられない

なぜモノが捨てられないのか?

あなたは捨てる事ができない人でしょうか。

 

@もったいなくて捨てられない
image
『もったいない』の気持ちが原因で捨てられない人が多いと思います。

例えば洋服だったら

「また、着るかもしれない。」
「誰か、着る人がいるかもしれない。」
「買った時高かったのよね。」
「まだ、1回しか着ていないし元が取れてない。」

『もったいない』と思っていても、自分を苦しめているのがそのモノ達です。
片付けを邪魔しているのがそのモノなのです。

片付けはどうしても、部屋の収納スペース以上にモノがあれば溢れて出てきます。

必要なモノだけで暮らせばモノも少なく管理も楽です。
捨てる行為は、目標に向かう最初のハードルです。

お客様の中で最後までやりきる方は最初の目標を何度も思い起こしながら捨てるかどうかのジャッジをされます。

迷いながら、手を止めながら、「でも、これをしないと変わらないわね」「迷っていたら駄目ね、きれいになったら今度は好きなのを買うわ」
私に言いながら、ご自分の心にもそう決意を言いながらジャッジされます。

 

Aモノへの「想い」が捨てられない
image
「思い出があって捨てられない。」

これは、モノが捨てられないのではなくて、モノへの思いが捨てられないのです。

子どもさんが成人され家を出て行かれていても、小学生の頃のプリント類が捨てられないお客様がおられました。

書かれた作文、絵、テスト、どれも捨てられなくてダンボールで20個くらいになったでしょうか。

充実していた主婦として母として過ごした時間。
子ども達は大人になったのに、1人その場からなかなか離れらないようでした。

新しい生活をされることになった時、私に「松本さん、あの段ボールを処分します、手配してください」と明るい声で晴れ晴れとしたお顔で言われた時、また人生が前に進んで行かれるのだと嬉しくなりました。

手が使わなくても心が使う。
それが『おもいで』です。


おもいでは昔に留まるモノではなく。
未来の自分を元気づけて応援してくれるモノのはず。

それは量ではありません。
おもいでは厳選して傑作だけを残しましょう。

写真、作品、趣味のモノ、旅のおもいで…。

何でもとっていたのでは傑作の価値も半減しますよ。

 

B人に貰ったモノが捨てられない
kuma
人に貰ったおモノが捨てられないあなたはきっと優しい人なのだと思います。

でも、そのモノが自分を嫌な思いにさせているのなら、あげた人は一番それが心を痛めることでしょう。

反対に自分がノリで買ってきたお土産品を友人がそんな気持ちで持っていたとしたらどうですか?

「もう、どうぞ、捨てて下さい」と言っているのではないでしょうか。

「ありがとう」心からそう思って貰ったのならもう時効でしょう。
捨てる時も「ありがとう」で手放してもいいのでは?

『しがらみ』は人と人の間にもあります、すぐには抜け出せないモノですが、モノの『しがらみは』「ありがとう」で終わりにできますよ。

 

C捨てたら罰が当たるかもと思うと捨てられない
image
お守り、お人形などは
「捨てたら、罰が当たるかも」と思うと捨てられない。

お守りなどは1年したらもう効果がないと言われています。
そうしないと、新しいお守りも売れませんしね。

神社のモノは神社にお寺のモノはお寺に、買ったところじゃなくてもいいです。

お人形は『人形供養』をしてくれるお寺などがあります。
葬儀屋さんが新しい式場の集客イベントで人形供養する事がありますので気にしてチラシなど見るといいでしょう。

『写真供養』もあります。
6月1日は写真の日、日本各地で写真・カメラ供養を行っているところがあります。

写真組合などに加盟している写真館に持って行くと写真供養の日に合わせて送ってくれます。
私が住んでいるところでは無料で送ってくれます。

思いが強い写真、思い出のカメラ、人の顔や姿が映るだけに気になる人も多いです。

それでも、そこまでではない…、そこまでは気にならないと思う人は自治体の指定されたゴミの日に、気になるモノにお塩を掛け、白い紙に包み、天気の良い日に紙袋などそれだけを入れて出されてもいいと思います。

気持ちの持ちようです。
「ありがとう」の気持ちを捨てるものに込めて丁寧に処分してあげて下さい。

 

D売る、あげるも考える
image
捨てる事に罪悪感があるので捨てられない人は多いでしょう。
捨てる事で物を粗末にしたことになる。

お金が欲しいわけではなく、引き取ってもらうと罪悪感が無くなくなるとリサイクルショップに持って行く人がいます。

悲しい事にあなたが要らないモノは他の人にも必要ではない事が多いです。
期待して持って行くとほとんど期待はずれです。

洋服は1.2年、家具などは2,3年までは値段が付くと言われています。
ブランドモノでも状態がいいか、トップブランドでもシリアルナンバーがなければ引き取ってくれないリサイクルショップもあります。

インターネットからダンボール箱を取り寄せて中身を詰め宅配業者に電話をすれば着払いで引き取ってくれるサービスも利用してはいかがでしょうか。

本などは重たいので私はこちらを利用しています。

もったいない本舗 

本は重いし、近くの古本屋が無くなったのを機に本は「もったいない本舗」に送っています。

ダンボールと一緒にガムテープと、ボールペンも付いて来て電話の対応もいつも優しいので金額より、リサイクルと思って出しています。

先日アマゾンで買った中古本が「もったいない本舗」だったので、私の本も誰かが読んでくれたかなと思いました。

リサイクルではありませんが洋服をあげるならこんなところがあります。あなたが送料を負担する必要はありません。

フクサポ 

外国では着なくなった服をリサイクルボックスに入れて好きに持っていいようになっているところがあります。

日本も自治体全体で考えてもいいと思います。

 

原因と対策 3:片付け方がそもそもわからない

そもそも、片付け方が解らない人もおられます。
どこからやればいいのか、
何からやればいいのか

お客様は解らないからご依頼して下さいます。

この部屋を片付けたいと言われて、見てみると床にモノが溢れている
ほとんど処分しなければ、結構な量をどこかに移動する事になります。

 

@片付けは実は大きなところから
image
よく、「小さなところから…」という人がいますが。
整理収納の練習、にはなると思いますが。

本当に片付けるなら
小さなところからやっても一生家は片付きません。

倉庫があれば倉庫、押し入れ、バントレー、実は大きなところから小さなところの順番です。

その場所の要らないモノが無くなり空間が空けば次の場所、使わないけどちょっと迷うモノ、この部屋では置きたくないけど他にない
そんな、モノが移動していきます。

そして本来のその部屋のモノがその部屋の収納に収まって行きます。

人生を変えられたA様
この部屋を片付けたいと言われて見せて頂くと、モノが溢れて収納容量の5倍くらいのモノがあります。

「捨てるものもあるけど、半分は要るモノです。」
「他に、要るモノを移動する場所はありますか?」

「実は、2階の部屋が一部屋・・・」見せて頂くと、さっきの部屋のモノの量が10ならその部屋は20くらいの量。

お客様はその部屋が一生片付くことはないと諦めておられました。
そして、そこを見せる事に大変、迷っていたのです。

「この部屋からやりましょう」

一生片付かないと思っていた部屋は1日で片付きました。
それは、お客様の目標が明確だったのでジャッジが早くサクサクとスピード良く片付いて行ったからです。

何回目かの時に
「松本さんが2階のあの部屋からやりましょうと言ってくれて良かった、あの部屋からやった意味が良くわかりました」

 

Aモノのグループ分けが出来ない
image
要らないモノが無くなって「使う」と決めたモノが残ったら、グループに分けていかなくてはなりません。

片付けの苦手な人はモノのカテゴリ―分け、使うときの仲間分けが苦手な方が多いです。

それを使う便利な場所に収納する事が出来るとゴールになります。
要るモノと要らないモノを分けながら同時にグループに分けて行きます。

家族の動線を考え、一番使いやすく、戻しやすい場所に収納していきます。

 

原因と対策 4:「使ったら戻す」が出来ない

@「片付ける」ってどういうこと?
image
「片付け」とはそもそもどういう事でしょうか。

片付けとは「元の場所に戻す事」です。

整理してモノを分けたら
収納で使いやすく戻しやすい場所に納めます
ここまでが実は整理収納です。

片付けはその場所に戻すこと
これは、生活している人しかできません。

でも使っていると
「あれ?ここは使いにくい」
「こっちの方が使いやすいな。」

それはやっぱり生活していかないと、解らない事です。
そして、生活の変化、年齢の変化、家族の成長によって、場所も変わって来ます。

そして、少しずつ家の中はモノの量も減り、(年齢を重ねる事に減らして行きたいものです)
使うモノも変わってくるはずです。

 

A使ったら戻すは慣れるまで3か月
image
「使ったら戻す、使ったら戻す、をちゃんとしたら3か月で3キロ痩せたました〜」
そう笑って言ったお客様がおられました。

松本さんに出会って、初めて「片付ける」の意味が解りました。
そういってくれた方です。

初めての片付けから半年ごとにご依頼頂き、そのたびに部屋もご自身もきれいになって行かれました。

仕事を始めたばかりの私たちの励みにもなったお客様で今でも忘れられません。

私達もいつもお客様に支えられ、勇気をもらって仕事をしています。

片付け方もマスターされ、最後に伺った時は模様替えもされ、全くのリバウンドなし!きれいな部屋もキープされていました。

使ったら戻すことのメリット、便利さ、きれいさが分かり、気持ち良さが当たりまえになった。
反対に、それが崩れたときの、ちょっと嫌な感じ…。

少し、もやもやと嫌な気持ちがするのが大切なのです。

散らかっている部屋が「不快だ」と感じる事が出来るようになると、素晴らしい!
片付け体質の完成です。

 

原因と対策 5:性格とその人の特性

image
今では仕事として、
お客様の家を片付けたり、
講演会やセミナーでお話しをさせて頂いている私ですが。

実は片付けが苦手でした。

姉妹はみんな整理整頓が上手でしたから、親のしつけの違いでもなさそうです。

ただ、末っ子だったので、誰かがやってくれていた・・・気がします。

 

@散らかっていても気にならない性格
image
何でも、面倒がる性格の人も片付けられません。
使ったモノを元の場所に戻すことが出来ない。


又すぐ使うし、
明日使うし、
近いうちに使うし
どうせ使うし

そういっていては、いつまでもモノは出しっぱなしです。
取り出しやすく、納めやすい場所に納めていけばモノは片付いて行くはずです。

一番困るのはごみを出さない人です。
ゴミはこまめに出さないと、出すことが面倒になります。

ごみをすでに袋にいれているのに出してない方もいました。

床も見えないゴミ屋敷で、ゴミや不要なモノをごみ袋に入れては出す、を繰り返し、伺って5日目くらいにはほぼ荷物の無いすっきりした部屋になりました。

散らかっていてもあまり気にならない、むしろ、モノに囲まれて安心する人もいます。

でも、家の中はモノだらけで探すのに手間がかかる。
探せなくて、また、買ってしまう。

 

AADHDという個性がある方
image
自分の気持ちはあるのに、片付けられない、本人のせいではないことで苦しんでいる方がいます。

最近はご依頼頂く方で「わたしADHDなんです」とはっきり言われる方も少なくありません。


ADHDの特徴としては

忘れ物、なくしものが多い
時間管理が苦手で遅刻が多い
順序だてて物事を行うことが苦手
人が簡単にできている事なのにミスをしてしまう
今日行くところ、行動を忘れてしまう
そわそわして落ち着きがない。
空気を読めず思ったことをすぐ言ってしまう。
仕事などのうっかりミスがある

自分もあてはまるな、と思われる方も多いのではないでしょうか。
私もあてはまりますし、周りを見てもそんな人は多いと思います。

全くあてはまらない、完璧な人っていないんじゃないかな。
その度合いの強さの差なのかと思います。

子供の頃から、忘れ物が多くて、良く叱られていた。
会社に行っても、どうしても書類の綴じるのがうまく出来なくて困った。大人になってADHDの人の本を読んで自分がそうだとやっとわかった。

そういわれたお客様は会社をいくつも経営されている社長さんでした。

エジソン、アインシュタイン、坂本竜馬、最近では歌手のSEKAINOOWARIの深瀬さんなども自ら公表しています。

 

BADHDの人の片付けアドバイス
image
そんなADHDの人の片付けは、苦手なところをカバーしながら、少し意識して生活する事が必要になります。

モノを多く持ちすぎない

管理できないのに本当にモノが多すぎる人がいます。
意識が色々移ってしまい、行動にも集中できない人はモノを少なくして、自分を楽にしてあげましょう。
色々なグッズは便利かもしれないですが、数が多いと反対にこの個性の方は不便になるようです。

今日やる事をメモに書く
予定していた行動がすぐに中途半端であちこちやっては終わらない、そんな人はぜひやってみてください。
優先順位が行動と会ってないのでやるべきことをメモにしておくといいでしょう。
それは、仕事のことでも、プライベートな事でもなんでも「やらなくちゃ」と思う事を紙に書き、その後順番を書き、終わった順番に線を引いて消して行きます。
メモは一日持って、見直せば「クリーニングを取りに行くんだった」と思い出せます。

私もやっています。
今でも、やる事がいっぱいあるのに、先延ばしにしてなかなか進まない時はこれをやると意外にできます。

完璧を目指さない
片づけていて感じるのですが、「苦手だ」と言いながらすごく細かい事まで決めて難しくしていく方がいます。

例えば細かくカテゴリー分けして小さい引き出しに入れて細かく分けたがります。
小さい引き出しだと開ける回数も増えてしまいますし、戻すときも細かすぎて続きません。

きっと完璧にしないといけないと思って気合が入るのかもしれません。片付けも今日は10個だけモノを片付ける、とか15分だけ気になるところをやるなどハードルを下げてみるのもいいと思います。

抱え込まないで人に頼む
何でも全部自分で引き受けない事が一番です。
人に頼めそうなことはお願いしてみる。
やらないといけない事を書き出したら、人に頼めそうなことはお願いしてみましょう。

家族や友人、あなたの事を理解してくれている人がいればきっと手を貸してくれるはずです。

分かりやすくする工夫
例えば紙類の整理は苦手な方が多いと思います。
家の中に入ってきたらいったん入れて置く入れ物をすぐにおける場所に作ります。

週に1回は中身を見直します、閉じるものは閉じる、捨てるモノはゴミ箱に。
ポイントは一か所に決めて置くこと

それを、あちこちに置くと分からなくなるのです。
閉じる事が出来そうなもの、例えば病院の領収書などはどれ用の袋に仕分けいておきます。

同窓会のハガキは出さないといけないので良くみえるコルクボードなどに張り付けて置きます。

ダイレクトメール、割引きのハガキ、日付を見てもう行かないなら(いけないなら)捨てる。

でも、まだどっちでもないモノはまた、その箱に入れて置けばいいのです。
週に1回間直せばいつかわどこかの場所が決まるはずです。

引き出し、棚など、置くもの入れるものを決めたらラベルを貼る。
戻すときも、そこに戻すようにすると分からなくなることもありません。

中味が分かるように透明な容器に入れる。
冷蔵庫の中の食べ物など透明なモノに入れてわかるようにするのもいいですね。

ここで、やっぱり一番解りやすい事は、モノの量が少ない事に戻ります。

究極は使っているものの量をコンパクトにしておく事に尽きるわけです。


 

Cうつで片付けられない方
image
「精神的にちょっとあって、片付けが出来安くなってこんな状態になりました。今は良くなってきたので、片付けができそうなのでお願いします。」大変多いご依頼です。

そうお話しされる方も、お聞きする方も、「良かったですね、少し元気になられて」と普通に言える時代になりました。

片付けだけではなく色々な事が億劫でやる気にならない事があります。身の回りのことにも興味が無くなりどうでも良くなります。

また、片付けなきゃと思っても順序だてて計画する事が困難。
家の事をしても集中力も続きにくいようです。

良くなってきたのでやる気が出てきた、今ならできそうと思ったら無理しないで、でも、是非やって欲しいのが片付けです。

1日目はどうにかできたが、張り切り過ぎて2日目はお休み・・・・なんてこともあります。

心と、身体のバランスを見ながらやって行きましょう。
目に見えて、変わった場所がみえてくると俄然やる気になります。

アドバイザーの仲間で「うつ」で通院していたくらいだったけど、この仕事のお手伝いをするようになって改善した方がいます。

最初は手伝い程度でやっていたのですが、だんだん面白くなり。
特にゴミ屋敷系のお宅に行くとどんどんきれいになっていくのが反対に気持ち良く、気が付けば自分の症状も改善されて元気になっていきました。

片づけはモノだけではなく心にも色々な効果があると思っています。

 

ま と め
片付けのできない方の多い原因を5つご紹介しました。
それにたいしてのアドバイスもお話ししました。

困っている、悩んでいる
あなたの、ヒントになったでしょうか。

私はこの仕事をするとき先輩に「片付けが苦手だったのに、この仕事をしていいのかな、と思うんです。」
先輩は「だから松本さんいいんじゃない、できない人の気持ちがわかって」

そうか、「私でも出来るようになったからきっとお客様でも出来るようになる。」そう思って仕事をしようと思いました。

人生で一番大切なことは健康、家族、仕事、お金、人間関係・・・
『片づけ』は優先順位で行けば、下の方です。

でも、今日からでも、すぐに自分一人でもできる事。
そして、すぐに、結果が出る事です。

モノと向き合えば、自分の心の中も解ります。
迷いながら、決断する事ができれば、自分への自信もつきます。

部屋がきれいになって気持ちいい
でも、選択して決断する事はもっと気持ちのいい事です。
クリック

● なぜ部屋が片付けられないのか?片付けのコツと解決策

● なぜ部屋がゴミ屋敷になるのか

● 整理収納アドバイザーが伝授!ゴミ部屋の片付け方と手順

● リビングの片付け方

● プロが伝授!ケンカをせずに親の家を片付ける方法

● 片付けのプロが伝授!引っ越し前、後の片付けのコツ

● 失敗しない片付け業者の選び方をプロが解説!

● 急に人が来たときの片付け方を、整理収納アドバイザ―が伝授

● 知らないと損!キッチンの片付け、整理収納のコツ

● ゴミ屋敷は精神的な病気から?

お問合せはこちら

  松本に、今すぐお電話ください。

お問合せフォームへ

このページの先頭に戻る

片付け収納プロ